« ご近所でエアロビ | Main | とりあえず初体験 »

2004.06.08

愛犬の事故

今朝、飼っている犬が車にはねられた。家の外で番犬として飼っていた雑種のチーコ。中型犬の♀だが体型の割にパワフルなオテンバ娘。
従業員が朝の散歩に連れて行こうとした際に、首輪の金具が外れてしまい、走り出したところで通りがかった車にはねられてしまったらしい。
意識はしっかりしていていて外傷はなく、吐血なども無いので致命的なものではないようなのだが、下半身が動かせない様子。前足で起きあがろうとすると激痛が走るのか悲痛な鳴き声をあげる。

ほとんど家族同様の暮らしをしている俺にとっても、家族の一員のようなもの。近所の獣医へ連れて行くように頼まれたが、あいにく朝イチから夜まで打合せの予定が詰まっていた。
気になりながらも仕事を終え、夜に帰宅すると作業所の土間に敷かれた毛布の上に横になっている。
俺の気配を感じて、しっぽを振っている。朝よりも元気そうでちょっと安心したが、下半身は動かせない様子。
家の中に入り、診察の結果を聞くと骨盤骨折ではないかとのこと。

飲みに出た友人を迎えに行って戻ってきた後に、様子を覗くと、しっぽを振って身体を起こして動こうとする。
が、無理に力を入れて這い起きようとして激痛が走ったらしく、キャンキャンと悲痛な声。それでも起きあがろうとするのをなだめようと手を差し出したところ、あまりの辛さに耐えられなくてパニック状態なのか突然に左手をガブリと咬まれた。一瞬で離れたが、手のひら側はけっこう深く犬歯が食い込み、手の甲側も数カ所にスジ状の大きめな傷。すぐ横に置いてあったオキシドールで念入りに消毒。しばらくポタポタと出血していたが、ほどなく止まった。

普段は誰にでもなついてしっぽを振り、番犬としては頼りないほど穏和な性格。噛みつくなんて事はなかっただけに、その苦痛は相当のものだろうと思う。俺自身も数年前に肩甲骨を骨折した時の痛みを思い出す。
何をしてあげられるものでもないのが辛い。
はねてしまった運転手も、通勤途中で時間がないので後で家の者を寄越すと言って現場を離れたそうだが、それっきりらしい。
色んな痛みを感じる愛犬の事故である。

何よりもチーコが元気に回復してくれることを祈るが、現時点ではどうなるかも予想がつかない状態。

|

« ご近所でエアロビ | Main | とりあえず初体験 »

「ペット」カテゴリの記事

Comments

今日静岡のアソシアでお会いしてダンディさんの楽しいお話聞かせていただきました伊藤です。ホント楽しかった。ありがとうございました。
ペットは私も大好き。動物病院に勤めていたときがありまして、事故のペットくんはつらいです。
でも命にかかわることでなくてホントよかったですね。骨盤骨折なら安静にして回復を待てばといいたいけど、どうしても動いちゃうんですよね・・・
元気になったらぜひコメントしてください。

Posted by: 伊藤です。 | 2004.06.10 at 01:02 AM

>伊藤さん
どうも。昨日はありがとうございました。
「『ダンディのるつぼ』の者です」って自己紹介して、あんなに感激されるなんて反対に感激(^^ゞ

実はここに書ききれない(書けない?!)ネタいっぱい。また色々笑わしてあげますよ(^^)

チーコ(事故にあった犬)は、相変わらず立ち上がれずに横になっていますが、近寄ると元気にしっぽを振ってくれます。理に動かなければ痛むこともないようです。
多少は不自由でも、きちんと自分で立って歩けるようにまで回復してくれればいいんですけどね。

Posted by: ダンディ☆和田 | 2004.06.10 at 10:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7590/737110

Listed below are links to weblogs that reference 愛犬の事故:

« ご近所でエアロビ | Main | とりあえず初体験 »