« FOMAうまい棒 | Main | 嵐の1日 »

2004.06.20

事故に遭ったペット…その後

犬、猫が相次いで事故に遭うというショックな状況からしばらく時間が経った。
どちらも医者では処置できないと言われてしまったわけだけど、飼い主が悲観的な事を考える以上のスピードで元気になってきている。

まずは犬のチーコ。骨盤の複雑骨折。
自力で排泄ができるようなら命にかかわる心配はないと言われていたが、その点は問題なし。これまでほとんど寝たままだった状況から、上半身を起こして下半身をかばいながらも前足だけで自力で動けるようになってきている。
もうしばらくすると、多分立ち上がれるようになるんじゃないかという雰囲気。食欲も旺盛。

猫のミーは右大腿骨の複雑骨折。
心配をよそに驚くほど活発になってきて、数日前はソロリソロリとしか歩けなかったのが、今日あたりは家の中を歩き回ってる。本当に足の骨折れてんのか?と疑いたくなるほど、器用に後右足をかばいながら走っていたりする。
段差があっても気にならないらしい。いつの間にか階段を上って2階の部屋でもう1匹の新入り子猫シモと遊んでいたのにはビックリした。
寝ているところにちょっかい出すと、以前と変わらぬ仕草でじゃれてくる(^^)

どちらを見ていても、多少の困難があっても自力で生き抜かなければいけないという動物本来が持つ逞しさみたいなものを感じる。
多分彼らは将来への不安とか後悔とか、余分なことをイジイジと考えたりすることなんかないんだろうね。“多少の不自由さはあってもそんなの関係ないね。つまんないことでクヨクヨせず日々一生懸命に生きるのみだよ。”みたいな力強いメッセージを逆にもらっているような気がする。

可愛そうだから何とかしてあげなきゃ…なんて気持ちは、実は彼らにとってどうでもいいことなのかもしれないなぁ。

|

« FOMAうまい棒 | Main | 嵐の1日 »

「ペット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7590/808287

Listed below are links to weblogs that reference 事故に遭ったペット…その後:

« FOMAうまい棒 | Main | 嵐の1日 »