« バイトでマッスル~ | Main | 今日は終日オフ会モード »

2005.03.05

ヤマハラグビー ファン交流会

今シーズン、たくさんの感動を与えてくれたヤマハラグビー部ジュビロのファン交流会が開催された。

会場は磐田駅前・天平のまちにある磐田市スポーツ交流プラザ。事前に申し込んだ約100名のサポーターが開始時間が近づくのに合わせて続々と集結する。
おなじみの顔ぶれだけでなく、遠く県外からも足を運んできた方が多数。
選手も徐々に集まってきて、会場は熱気に満ちていく。
20050305094719.jpg

さらに急なお願いにもかかわらず応援ソングとしての歌の披露に賛同し駆けつけてくれたミュージシャン高橋忠史さんも到着。

10時に交流会の開始。
ヤマハ発動機を代表して、いつもスタンドで一緒に応援をしている社会・広報ユニットリーダーの鈴木さんから挨拶。
引き続いて、選手とファンの交流タイム。腕相撲や記念撮影コーナーなどで思い思いに選手との触れ合いを楽しむファンの皆さん。続いて和やかなクイズタイム。

続いて応援団タイム。司会の林マネージャーからマイクを預かり進行役を勤める。
トラジュビに寄せられたお礼&激励メッセージの紹介、ファン代表から選手全員へのプレゼントと進行。
次に、高橋忠史さんに登場してもらい、頂点を目指し闘う選手たち、そして一緒に走り続けるファンの皆さんへの応援ソングとして『ランナー』を熱唱してもらう。

負けるんじゃない!走り続けろ!

1000日連続ライブに挑戦し、自らも走り続ける高橋さんの力強い歌声は心を震わせる。
選手もファンもそれぞれに様々なシーンを思い描きながら高橋さんの歌に聞き入る。
1月に聞きに行った高橋さんのライブで出会ったこの曲。きっとみんなの心にも響くものがあるはず…そう思っていたものを、このような形で紹介できて本当に良かったと思う。

最後にチームへの応援コールでエールを送り、応援団タイムの終了。
限られた時間の中だったけれど、お礼とこれからも共に走り続けようという熱いファンの思いはしっかりと伝えられたのではないだろうか。

マイクを戻し、引退選手へのお礼、そして久保キャプテンの挨拶と進行し交流会は終了。
手づくりながら、ファンを思うチームの気持ち、そしてチームを愛するファンの気持ちを交換し合うという、まさに心を通い合わせる交流会だったと思う。
選手、スタッフとファンが一体となって成長してきたヤマハジュビロの今シーズンの活動を締めくくるのにふさわしい素晴らしい内容だったのではないだろうか。

退場する際に何人かの選手がガッチリと握手をしてくれた。「ありがとう」と声をかけてくれた。
さらに、引退する堀川選手、河田選手、村瀬選手が寄ってきて「これからは僕らも一緒に応援する仲間です。よろしく!」と握手をしてくれた。

たくさんの感動、たくさんの仲間との出会い、たくさんの元気…今シーズン、ヤマハラグビーの応援を通して得たものは計り知れない。
ありがとう、そしてこれからもよろしく!

|

« バイトでマッスル~ | Main | 今日は終日オフ会モード »

「ラグビー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7590/3177626

Listed below are links to weblogs that reference ヤマハラグビー ファン交流会:

« バイトでマッスル~ | Main | 今日は終日オフ会モード »