« 生真面目ノートン先生 | Main | タダなのだ(^^) »

2005.03.24

大荒れ

午後から荒れ模様の天気の中、実家へ向かうために東名を移動。
空は垂れ込める雲で真っ暗。時折空がピカッと光り、遠くで雷鳴。
20050324184523.jpg

菊川インターあたりまでは控えめだった雨も、牧之原を越えるとドシャ降りに。
牧之原が天候の境目になっていることが多い。

吉田インターを通過する際、車線を変更しようと追い越し車線側に視線を移した瞬間、ちょうど向けた視線の方向に天地を串刺すがごとくの稲妻が縦に走る。稲妻が描いた太い光の筋と、ビカッと真っ白に光った周囲の空の明るさが一瞬にして目に焼きついた。
ワンテンポ遅れてドーンという振動を伴う大きな音。

ビビッタ~(^^ゞ
ひさびさに“クワバラ、クワバラ”なんてフレーズが頭に浮かんだ。

子供の頃は大嫌いだった雷。音が大きなものが嫌いだった。
実家の近所にあった消防署で火事のサイレンが鳴ると布団をかぶって泣いていた記憶がある。
そんな幼少体験が残っているのか、今でも必要以上に声が大きく怒鳴ったような話し方をする人の前では、グッと身構えてしまうのであった。

|

« 生真面目ノートン先生 | Main | タダなのだ(^^) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

私は雷大好きだったりします。不謹慎ですが、稲妻がピカッと光るのをベランダで数十分見続けたなんて事も。あれ、芸術的な美しさです。

Posted by: たかお | 2005.03.26 at 11:12 AM

子供の頃は苦手だったハズなのに、今はむしろ好きなんです(^^)
ゴロゴロピカピカとし始めると、同じようにワクワクしながら空を眺めます。
人類がどう頑張っても作り出せない、スケールの大きなダイナミズムを感じますね。

もちろん自然災害という側面もあるので、手離しにはしゃいでいられないのも事実ですけど…。

Posted by: ダンディ☆和田 | 2005.03.26 at 03:04 PM

私も小さい頃から大きな音が苦手です。
ドアが何かの勢いで「バンっ!」といっただけで、泣きそうになります(>_<)。
でも、雷は平気です。あれは音の前に「ピカッと光ってお知らせ」があるので・・・(^_^;)

Posted by: ノブ | 2005.03.26 at 10:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7590/3421549

Listed below are links to weblogs that reference 大荒れ:

« 生真面目ノートン先生 | Main | タダなのだ(^^) »